こけらやNOW

共に汗をかく

/ 2018年度の採用活動に向けて、信濃毎日新聞社が運営する「長野県就活ナビ2018」の取材を受けました。 これまでは「いかにすれば私たちの仕事に興味を持ってもらえるか?」「どうすれば私たちの想いが伝わるか?」etc…。表現を工夫したり、切り口を変えてみたり、頭を悩ませながら言葉で表現をしてきました。 本日の取材。ライターさんからいつも通り質問を受けましたが…言葉が出てきません。 仕事に対する熱い想いはもちろんありますが、技や想いを表現する事に限界を感じ始めているのか?それとも、これまでに話し尽くしたのか? この頃になって若手職人が一生懸命に励む姿や彼らが発する言葉に「純粋さ」を感じます。 彼らのひたむきな姿を見ていると、自分の発している言葉が「きれいごと」のように感じます。自分も同じような道を歩いてきて、同じような思いで仕事と向き合ってきたはずなのに、いつからか「上から」仕事を見るようになっていたのかもしれません。 「技」を言葉で教えることはできません。 まして生きている「木」を言葉で表現することなんて不可能です。 木と向き合っていると、上手くいかないことばかり。でもその先にきっと「何か」がある。 そう信じて各々が真剣に仕事に向き合っているんですね。それは自分も同じ。 それぞれ経験年数は違っても、その時にしか感じられない事、その時にしか見えない世界があるんだと思います。それを否定するのではなく、いかに吸収して共に考えられるか? 取材をうけている若手職人を見ながら、さらに強く「共に汗をかこう」 そう思いました。 ​ NEW! 職人インタビュー(佐治円創)

インターンシップ(就業体験)を終えて

先週1週間、大学生2名をインターンシップで受け入れていました。 1人は長野県の「信州産学官ひとづくりコンソーシアム」の紹介、もう一人は弊社独自プログラムへの応募者でした。 女性初の応募者。 メニューをいろいろ考えてみたものの、結局同じプログラムで行くことを決意。 できるかどうか不安でしたが、なんと、私たちよりも上手に割ることもあって、驚きました(^^) ※動画を見せられないのが残念ですが…。 実習中は作業と講義を半分づつ実施。 実習では主に「みかん割」(これが大変…) その他、簡単な加工を手伝って頂きました。 講義では木材の基礎知識から文化財建造物の保存修理の話に至るまで… 多分、眠くなったと思います。(苦笑) 日本に、そして木曽地方に古から伝わる技法をより多くの若者に知って頂きたい。 そして、将来をになう学生さんたちに学ぶ機会を提供したい。と思って始めた取り組み。 気が付くと、実は教えて頂いているのはこちらの方だったのですね。 実習中は主に私が指導に当たりますが、それ以外にもベテラン職人や若手職人が講師になります。特に若手職人は誰かに教える機会などほとんどありませんから、実習生の相手をしながら 「どうすれば分かりやすく伝えられるか?」試行錯誤します。 これが今後の職業人生において貴重な経験となり、会社の財産にもなっていきます。 「学生さんのため」に始めたプログラムが同時に、私たちを「育ててくれるプログラム」にもなっていたのですね。 今回参加頂いた2名の方。十分な内容だったかどうか不安は残りますが、一生懸命に取り組んで頂きありがとうございました。 お二人にとって意義深い実習であ

注目のブログ
最新のブログ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon

Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved