こけらやNOW

伝えたいこと、伝わること

平成23年9月、弊社職人の栗山光博が「屋根板製作」の国選定保存技術保持者に認定され、 俄かに我々の仕事が脚光を浴び、取材を受けることも多くなった。 会社としても採用活動や、地域貢献活動に向けて積極的に動いていたこともあり、会社見学や 実演の依頼、講演活動も頻繁に受け入れるようになった。 つい先日もTV局の取材や求人情報誌のインタビューを受けたが、 総じて我々に向けられる興味は 「貴重な伝統技術、文化財建造物に携わっていることのすごさ、職人としての誇り…」 これらに対する質問が相次いで、私たちもきっと相手が望むような回答を行ってきた。 どこか天然記念物のような取扱いだと感じることもある。 もちろん、取り上げて頂くことは非常にありがたいことである。 誰も見向きもしなかった仕事。地元でもほとんど知られていなかった会社の業務内容。 オープンになっていく事で、若手社員も増え、認知度もあがり、会社のステータスは 向上したかもしれない。 ただ、本当に伝えなければならないことは何か?何を伝えていきたいのか? この疑問が日に日に大きくなり、自問自答を繰り返すようになった。 文化財に携わっているからすごいのか?伝統技術だから守らなければならないのか? 我々の仕事は古来から変わることなく継承されてきている。 森林資源の豊富な日本は、建造物はもちろん、屋根材に関しても木材を利用してきた。 木曽地域は全国でも有数の木材生産地であったので、なおさらである。 身近にあった材料を巧みに加工し、理にかなった方法で施工し、修繕を繰り返しながら 脈々と伝えられてきているのである。 先人たちには伝統技術や文化財を守る

注目のブログ
最新のブログ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon

Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved