こけらやNOW

求む。次代を担う職人。

弊社へ就職希望の方へ、8月に開催される 合同就職面接会への参加情報です。 【木曽地区就職面接会2017】 8月4日(木) 13:30~15:30(木曽合同庁舎) 主催:ハローワーク木曽福島 問合せ:木曽地区雇用対策推進協議会 ℡0264-23-2233 ※詳細はチラシ参照 【長野県就活ナビ2017 合同就職説明会】 ○伊那会場 8月8日(月) 12:00~16:00 いなっせ(伊那市生涯学習センター6階) ※詳細は「長野県就活ナビ2017」 両会場とも初参加です! 興味のある方、是非ご来場ください。 会場でお待ちしております!

板へぎ考

こけら板を製作する技法は、大きく分けて「関西遠州流」と「出雲流」の2つの流派があります。 以前は各地域に様々な手法があったようですが、現在はこの2つの技法が主流です。 我々の技法は「関西遠州流」と呼ばれるもので、大きな特徴として「足」で押えながら板をへいでいきます。一方、「出雲流」と呼ばれる技法は、あぐらをかいて「こじ台」と呼ばれる溝の部分に板を入れて「こじ」ながら板を製作していきます。 どちらの技法を用いても同じように板を製作できますが、我々の手法が最も得意とするのは「薄い板」の加工です。反面、厚くて硬い木には基本的には不向きです。こちらは「出雲流」の方が得意とする分野です。ただ、出雲流でも薄い板を我々と同じように製作できるのですから、すごいです。 屋根工事における材料仕様の基準は「現状回復」 サワラで葺かれていればサワラ、杉ならば杉。栗ならば栗。厚みや長さも基本的に従来通りの仕様となることが多いです。 現在「栗」の杮板を製作していますが、これまでは手を出せなかった樹種。 材の入手も困難でしたし、なにより技術的に難しい部分がありました。 「栗山木工なのに栗できないの?」なんてからかわれながらも、お断りしていました。 ところが、全国の物件に携わらせて頂くうちに、「栗」にぶつかる事が多くなりました。 もともと家の土台に使われる材料。水に強く、耐久性も高い。そんな特性から屋根材としても重宝されて来たんですね。 栗の加工を始めて2年くらいが立ちますが、試行錯誤を繰り返し、ようやく「こんな感じなのかな?」と思えるところに来ました。もちろん、道具や「へぎ方」も改良を重ね…。 一番に感じる

今しかできないことを

仕事を始めると時間に追われ、あっという間に時は過ぎていく。 「やりたいこと」よりも「やらなければならないこと」ことの方がはるかに多く、年を追うごとにその比重は高まってくる。 就職活動が最盛期。 もう決まっている方も多いのでしょうが、彼らを見ながら「ふと」思う。 そんなに焦らなくてもいいんじゃない? 仕事を決めるのは、一生で一番大切な時間。今のうち(在学中)に出来るだけ多くの物を見てもらいたいと思うし、自分と「とことん」向き合ってもらいたいと思う。 弊社ではインターシップや就業体験など、学生に向けたプログラムを立ち上げている。 他の企業の行っているものと大きく違うのが、採用が第一義的な目的ではないこと。 日本の伝統文化や伝統技術を知ってもらいたい。そして、木を扱う事の難しさ、楽しさを 知ってもらいたい。そんな単純な思い付きから始めたもの。 ここでの経験が今後の人生設計に役立ってもらえれば幸い。 もちろん、ここで働くことを選択してもらっても構わないし、他の分野へ向かう足掛かりにしてもらっても構わない。 企業経営者としてはNGかもしれません。費用をかけて、まして、ここに就職するとは限らない若者たちを相手にし、自分の仕事も回らないくせに…。 偽善だと言われるかもしれません。 実は、大学時代に私もインターンシップを経験しています。 急激な円高が進み、日本企業が中国を始め、アジア諸国にどんどん進出していった時代。 大手企業に続いて下請けである中小企業も海外に生産の拠点を移していきました。 大学ゼミの教授の紹介で、中国の広東省に進出していた企業に実習(インターンシップ)に行きました。 初めて

注目のブログ
最新のブログ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon

Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved