こけらやNOW

100年の計

「森づくりは100年」とよく言われます。 私たちの扱う天然木に至っては樹齢300年ですから、木の遠くなるような話です。 現在、我が国は森林資源が豊富にあるのにも関わらず、多くの木材を輸入しています。 安価な外材の台頭とコスト競争の中にある住宅建築、これにより各地域の山林は疲弊しています。 「木っても売れない」「売ったところで採算が合わない」… 日本の推し進めてきた林野行政に疑問を投げかけ、責任を追及する声もあります。 これは絶対に間違っている… だから日本はだめなんだ… もっとこうしたらいいのに…議論はつきません。 私は思います。 もうこれ以上、現状の問題点について議論をし、エネルギーを費やすのをやめませんか? これからの地域や日本を担っていくは、子どもたちです。 そして木が好きで集った、林業や木工職人を志す学生。 彼らにしっかりとした知見を養ってもらうための活動=言ってみれば「森林教育」 こちらにエネルギーを投資していきませんか? すべきこと。 それは、大きな組織や団体をつくって、国や行政に政策提言をしていくのではなく、 皆さんそれぞれの立場で、ほんのちょっとの時間、木や森について考えてもらうこと。 でもなかなか難しい…。 一番簡単なこと。 「これいいな」と思った団体や企業のHPやFBページに「いいね!」する。 もっと時間があれば、その主旨に賛同し、活動に協力する。 私たちもほんの少しづつですが、取り組みを始めています。(へぎやプロジェクト) 森が存続していくためには様々な樹種が混在することが必要と言われます。 同じように「森を支える人づくり」にも多様性が大事。 皆さんの考え

奇跡の森

草木が種から芽を出して生長することを「実生」と呼ぶ。 林床におちた無数の種は、芽を出す瞬間をじっと待ち続けている。 適度な水分と適度な光…その絶妙の組み合わせにより発芽の時を迎える。 少しでも動かされると芽を出すことはないそうだ。 葉から落ちる滴でさえ、その阻害要因となる。芽を出すことがまず奇跡に近いのだ。 ようやく発芽をしても、ここからがまた苦難の連続。 周囲の雑草や笹などに負けてしまったり、動物に食べられてしまったり、もちろん栄養が不足すれば枯れてしまう… とにかく光を求めて上へ上へ伸びていく。 ある程度の高さになって、ようやく一安心と思えば、次は仲間との競争。 もちろん、ここでも淘汰は起こる。 仲間との競争に勝ち、もう遮るものはないかと思えば、強雨や豪雪、台風など、自然との闘い… この森が300年以上の歳月を経て、私たちの目の前に存在していることは、もはや「奇跡」と呼べるのかもしれない。 幾多の困難を乗り越え、いま私の手に触れるこの木には、壮大なドラマと気の遠くなるような時間の経過がある。 このドラマに想いを馳せるとき、「余すことなく使う」ことをもっと深く考え、 そして、もっと謙虚に彼らと向き合わなければならないと思う。 人との出会いと同じように、ここにも大切な出会いがある。

注目のブログ
最新のブログ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon

Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved