一夏一冬


木曽の冬は寒い。

真冬になると原木の白太(辺材部分)が凍るほど過酷な環境の中で作業をしなければなりません。

そんな冬がもうそこまで来ています。

春になると新入社員を迎え、職人としての一歩を踏み出します。

手元から始まり、ようやく仕事に慣れてきたころ暑い夏を迎えます。

木曽の夏は涼しいとはいえ、夏は夏。

汗だくになりながら、ひたすらに割り続けます。

そして仕事の流れが分かってくるころ、過酷な冬を迎えます。

かじかむ手を必死にこらえながら、木に向き合います。

職人の仕事。

「一朝一夕」には覚える事ができません。

ただ「一夏一冬」を耐えた新人は、一回り成長した顔を見せてくれます。

そこからが勝負。

このサイクルを何年も続けていく中で、職人としても人間としても成長していくような気がします。

今年の冬も作業場は若手の熱気であふれています。

注目の記事
最新の記事