2016年

○M君 大学3年生 2016/8/29~9/2(5日間)

 

ただ漠然と木が好きで、モノづくりが好きという私だったが、ここで学ばさせて頂いたおかげで、知識をたくさん身に付けることができました。知識をつけるたびに、木をみる目が変わっていって、同じ木なのになんだかより愛着が湧くようになりました。「木は生き物」という言葉を頂いて、確かになぁと思いました。今思うと、みかん割をしていても同じ木は一つもありませんでした。

栗山木工にいる職人さんは、それでも木の性質を理解していて、一つ一つの木への対応を心得ていて、木材のプロフェッショナルなのだと心底感じさせられました。正直、インターンシップ1日目に実際に包丁と木槌をもったときは、不安でいっぱいで、本当に大丈夫かなと感じていました。

しかし今日で5日目、ここの職人さんに比べたらまだまだで何もわかっていませんが、それでも少しずつ、木と付き合うのに慣れていきました。そうなっていくのは本当に嬉しかったです。また、皆さん自分のお仕事があるのに、私のために時間を割いて頂き、誠にありがとうございました。特に佐治さんはずっと近くで見守って、アドバイスしてくれて、とても心強かったです、ありがとうございました。またみなさん優しく話しかけてくれたり、いろいろなことを教えてくれたり、とてもあたたかい職場だと感じました。

この5日間成長することが出来たのは皆様のおかげです。また栗山社長、木の基礎からなにからなにまで、ご指導いただきありがとうございます。見積もりの件は難しくて、ご迷惑かけましたが、なんとか理解に至りました。わからないところをわかるようになるまで辛抱強くみていただき、寛大で熱心だと思いました。木を使うことは「きづかい」板を割ることは「いたわり」これからの生活の参考にさせて頂きます。また木曽に来た際には宜しくお願いします。この会社のファンでいます。貴重な体験をありがとうございました。

 

※このインターンシップは「信州産学官ひとづくりコンソーシアム」の協力を得て実施しております。

​◆担当者から

 5日間という短い期間の中で、実習(作業)と座学(講義)を行いましたので、日程的にはなかりタイトなもの

 だったと思います。木と真剣に向き合う姿、手で触りながら何かを感じ取ろうと懸命に取り組んでくれました。

 単に作業をするのであれば、どこでもできますが、古くから伝わる技法の裏にある「知恵」や「想い」そして、こ

 の技術を伝えていくのことの「意義」を少しでも感じて頂けるようなプログラムの実施を念頭に進めさせていただき

 ました。そういった私たちの想いが感じて頂けたようで、スタッフ一同、精一杯取り組んだ甲斐がございます。

 また、教えていながら、実は私たちの方が多くの事を学ばせて頂いたような気がしています。

​ ありがとうございました。

◇Oさん 大学4年生 2016/8/29~8/31(3日間)

私は、自然豊かな木曽地域で、古くから職人によって守られてきた伝統技術を実際に体験してみたいという思いでプログラムに参加しました。今回の就業体験で木や技と向き合い、製材業はどのような仕事なのか、何故板へぎの技術が長きに渡って伝えられてきたのか、取り組みやお話の中から学ぶことができました。

今回取り組んだ作業の中で特に印象に残っているのは、3日間を通して行ったみかん割りです。ただ木を割るのではなく、次の作業をスムーズに行えるように考えることも大事であるということが分かりました。板へぎやそれによって作られた屋根材にばかり目がいきがちですが、板へぎに至るまでの過程一つ一つがより良い屋根材を作る上で重要な作業であるということが分かりました。

ただ自然のものを利用するということではなく、この理に適った技術を活かし、文化財が守られてきていることが分かり、こういった技術を残していくことは、自然との調和を重視した本来の日本伝統文化の在り方というものを守る上で必要不可欠であると実感しました。利便性ばかりに目を向けてしまいがちな現代で、古き良きものを大切にする気持ちも忘れてはいけないなと思いました。

 知らないことも多かった就業体験でしたが、皆さんに丁寧に指導していただいたおかげで最後までやり遂げることができました。今回は貴重な体験ができて良かったです。温かな職場でとても楽しく就業体験ができたこともあり、あっという間の3日間だったように感じました。今回の経験を元に仕事というものに向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

​◆担当者から

 初の女性参加者という事もあってプログラム内容を変えたほうが良いか思案しておりました。私たちの仕事は 

 力仕事が多く、女性には厳しいかな?と正直思っておりました。Oさんとも事前に相談をしましたが、本人の強

 い希望と、また、この仕事は実際に木に触れてみないと分からないことが多いため、従来通りのプログラムを実

 施させて頂きました。

 始まってみると、当初抱いていた不安は一気になくなりました。私たちの指導をしっかりと吸収し、次第に自ら

 考えて作業をする姿に頼もしさを感じる程でした。

 3日間では伝えきれない事が多々あったかと思いますが、私たちの想いが少しでも感じて頂けた様で何よりです。

​ 女性の受入れ方についてもいろいろと意見を頂きました。今後に生かしていきたいと思います。

​ こちらも多くの事を学ばせて頂きました。ありがとうございました。

 

Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved