Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved

地域のランドマークとして

February 6, 2019

1/10
Please reload

December 23, 2018

Please reload

最新の記事
注目の記事

一歩先へ

December 7, 2016

「野根板」をご存知でしょうか?「やねいた」ではなく「のねいた」と呼びます。

 

写真のような茶室の天井などによく見られます。

 

私たちの屋根材の加工も「板へぎ」と呼びますが、野根板製作も同じように「板へぎ」と呼ばれています。

 

 

屋根材は通常3㎜程度の厚みで加工します。薄くても厚み1.8㎜までくらいでしょうか。

長さも30㎝前後が主流で、長くても60㎝程度。

 

一方、野根板の寸法は、長3.25尺(1m)×厚3厘(約1㎜)×巾5.0寸(15㎝ほど)

と私たちの扱う屋根材とは一線を画します。

もちろん、使用する原木も最上級の天然木が必要ですし、紙のように板を薄くする技術は私たちの上を行きます。

 

 

特に網代編みに使用される「へぎ板」は厚み0.5㎜にまでもっていきます。

 

ここまで薄くしないと、写真のような網代を編むことができません。

 

実は、これらの技術を持っている方が、木曽に2人おられます。

 

 

小林鶴三さん(上松町 小林板へぎ店)と西田源一さん(大桑村)です。

 

お二人とも「森の名手・名人」に選ばれ、現在も現役バリバリです。実際に作業を間近で拝見したことはありませんが、同じ「板へぎ」に携わる者として、その技術力には敬服します。

0.5㎜まで薄くされた「へぎ板」は、もはや紙のようで、まさに良質な木曽の天然木と高い技術力の結晶。小林さんの板へぎの様子はYouTubeでも見られますが、思わず息をのむ瞬間です。

 

 

しかしながら、良質な天然木の減少が、技術の存続に危機的な状況を作り始めています。

 

こういった我が国、そして何よりも「地域の技術を絶やしてはいけない」。

私たちの手で、「出来る事なら残したい」。強く思うようになってきました。

 

 

一歩さきへ進んでみようと思います。

 

始めて動画でみた小林さんの手さばき、足さばきが、脳裏に焼き付いて離れません。

 

板を「へぐ」という事。

 

おそらく野根板に始まり、野根板に終わる。そんな気がしています。

 

挑戦は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

こちらも情報発信中

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグ
Please reload