Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved

地域のランドマークとして

February 6, 2019

1/10
Please reload

December 23, 2018

Please reload

最新の記事
注目の記事

適材適所

April 9, 2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木曽地域ではヒノキやサワラ等の国有林材の販売が毎月1回行われます。

 

これに合わせて「土場」と呼ばれる物件(原木)所在地へ下見に行きます。

本日も行って来ましたが、木曽の山の中を半日かけて回ります…。

 

天然の木曽ヒノキやサワラの出材は年々減少し、10年前と比べると良材は激減しています。

 

「へぎ板」加工を行うには、写真左のような、節のない目がまっすぐ通ったキレイな木が最高です。ただ、こんな木はめったに出てきません。

 

多くの現場をこなして行くためには、ある程度の数量を確保する必要があります。

以前では手を出さなかった節が多かったり、捻じれていたり、大穴があいていたり…(写真右)。そんな「クセ」の多い木たちが弊社の土場にも増えてきました。

 

良材が少なくなったことで、作業効率は以前に比べたら落ちているかもしれません。

ただ、これまで以上に「木と向き合う」時間が増えました。

 

写真左と右の木は、同じ産地の木。

ただ節があったり、クセがあるだけで「同じサワラの木」なのです。

 

地に根を張り、枝を伸ばし、一生懸命に生きてきた証がここに並んでいる木たちです。

人間が使いやすいように自分たちの都合で、等級を上げたり下げたり…。

これまでは贅沢をしてきたものだと痛省します。

 

私たちの仕事が「木を生かす」ことであれば、本来やらなければならない事は

300年近く生きていた木に真摯に向き合い、余すことなく使う事です。

 

良材が減っていくことは死活問題になりかねません。

 

ただ、私はこの状況を落胆してはいません。なぜなら、もう一度、技術を上げる最大のチャンスなのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

こちらも情報発信中

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグ