木に寄り添うこと…


割れる方向がある

これまで多くの木に触れてきましたが、「木に寄り添う事」の大切さを感じています。

サワラ、杉、栗、ヒバ…etc 屋根板には様々な樹種が使用されます。

製作する工程はどの樹種でも同じですが、それぞれの木に「クセ」があります。

もちろん、樹種や加工する厚み、形状によって道具は使い分けていきますが、

単に力任せに「割る」のではなく、割れていく方向を見極めながら「割ってあげる」こと。

一人一人性格が違うように、木も一本一本 表情が違います。

我々の社会でも、相手の気持ちになって考える事。大切ですよね。

木も同じような気がします。

これからも多くの木と出会っていくと思いますが、「木に寄り添う気持ち」

大切にしていきたいと思います。

木に寄り添う

注目の記事
最新の記事