土場(貯材場)屋根がもうすぐ完成です。


土場屋根完成

原材料を貯材する場所を土場と呼びますが、この土場の屋根設置工事を行っています。

当地域は豪雪地帯とはいかないまでも、冬季には積雪で丸太(原木)が雪に埋もれてしまいます・・・。

土場屋根工事中

こうなると丸太が雪で凍り付いてしまい、クレーンでも上がらず、冬季の作業に支障をきたしていました。

これまで一部は屋根をかけていましたが、この度、思い切って全面に屋根を設置しました。

来月中旬には念願の工事が無事完了予定。

これで材の仕分けも楽になりますし、作業も安全になりますね。

技術を継承するための努力も大切ですが、操業環境の整備もきちんと進めていかなければなりませんね。

雪に埋もれる原木

木曽森林管理署の貯材場所(王滝村:1月撮影)

注目の記事
最新の記事