秋田杉・上小阿仁材


秋田杉・上小阿仁材

全国各地に杉はありますが、これまでさわってきた中でやはり一番良いのが「秋田杉・上小阿仁材」です。 非常に目が細かく、粘りがあり、屋根材(へぎ板)に使用するには適材でした。 「曲げわっぱ」にも使用されている木材です。 しかし、天然資源保護の施策により手に入れる事が出来なくなっています。弊社の在庫も残り数本…。現在は吉野杉が主体となっています。 天然資源はいずれ枯渇します。サワラの良材も少なくなってきました。しかし、木材を使わなければ山は更新していきません。 確かに天然資源は貴重な財産ですが、いつまでも残すことは不可能です。木材を正しく使い、育てながら守っていくのが大切かと思います。 私たちの仕事は「大量生産・大量消費」と一線を画します。 こんな事を言った人がいます。 「板を割ること」は「いたわり」 自然の営みと寄り添いながら、大切な資源をいつまでも使い続ける事が出来るよう、願っています。

注目の記事
最新の記事