一流のアスリートであれ



誰よりも早く、誰よりも高く、決してあきらめず、頂点をめざして日々努力を重ねる「アスリート」

彼らを見ていると、私たちの仕事にも通じるところがありますね。


伝統技術とはいえ、毎日の仕事は大きな木材を転がし、それを手で割り、手で削る…

鍛えられた肉体と研ぎ澄まされた感覚を使いこなしながら、早く美しく、一枚の板を創り上げていく。


失敗を恐れず挑戦を続け、たとえ一番になったとしても奢らず、謙虚である。

現状に満足せず、さらなる高みを目指してさらに努力を重ねる。


「職人」と呼ばれる人たちは、アスリートだ。

動きに無駄がなく、その軽やかな仕事ぶりは見ていて飽きない。

感動すら覚えます。

さらに生み出される作品は芸術だ。


一流のアスリートでありアーティスト。


私たちの仕事に「勝ち」も「負け」もありませんが、

直向きに競技に立ち向かうアスリートの姿を見ながら、そんなことを考えていました。


ちなみに私は本年46歳になりますが、体型に変化はございません!

(目の方は少々悪くなってきましたが…)


本格的な冬がやってきます。

オフシーズンの過ごし方が翌年の成績の明暗を分ける。なんて言いますが、

私たちにオフはありません(苦笑)


来週も全力で、全社をあげて良いプレーを続けられるように頑張ります!








注目の記事
最新の記事
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
こちらも情報発信中
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square