これまでの20年。これからの20年。


小学生の娘が夏休みの自由研究のテーマに

「お父さんの仕事」を選んでくれました。


「仕事のやりがいは何ですか?」

の質問に…「えっと~。それは~」と

即答できなかったことを反省しつつ…


すっかり秋めいて来ましたね。

今年はコロナ、コロナでなんだか変な年。

幸いこの周りでは感染が拡がらず、落ち着いた日々を送らせて頂いております。

一日も早く終息し、平穏が日々が訪れること。心から願います。


私事、仕事をはじめて20年が経ちました。

いまだに悩み続ける日々ですが、「何とかここまでやってこれた」というのが正直なところでしょうか?


これまで多くの若者を受け入れてきました。そして同時に、志半ばで去っていく者の背中も見続けてきました。

自分は良き指導者であるか?自問自答を繰り返しながら、試行錯誤を繰り返す毎日。


「仕事は盗むもの」「見て分からん者は聞いても分からん」「全ては本人の努力次第」

私が仕事を始めたころは、こんな風潮が当たり前でした。

怒鳴られても、叱られても、要らんと言われても…悔しくて、悔しくて、また頑張りました。


「いつか見返してやる!」これが最大のモチベーションだったのか、腕を上げることだけに

全てのエネルギーを注ぎました(^^;)


でも、いまは通用しなくなってきましたね…

この頃の若い子たちを見ていると、ジェネレーションギャップを感じます。

叱られることに慣れていない、受け身の姿勢が多い、辛い局面に立たされると、

どうしてよいか?分からなくなってしまう…

こちらから手を差し伸べることが多くなってきました。


ただ、私たちの仕事は教えられてすぐに出来るものではありません。

長い時間がかかりますし、最後は自分自身で見つけ出していくもの。


もちろん、彼らを否定するつもりはありませんし、「弱い」とも思いません。

育ってきた環境も違いますから、価値観も違って当然ですね。


おそらく、こちらの考え方を変えなければいけません。


『職人としてのエッセンスは守りながら、アプローチの仕方を変えていく』


自分の考えに沿わない事を排除するより、取り入れてみることの柔軟性。

足りないものを補っていく作業が必要なのかもしれません。


トゲトゲしい山を取って丸くするよりも、その隙間を埋めて丸くしていった方が、

一回り大きくなれますよね?きっと。


紅葉の季節がやってきました。

しばらくすると、また寒い冬がやってきます。1年はホント早いです。
















注目の記事
最新の記事
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
こちらも情報発信中
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square

Contact

栗山木工有限会社

〒399-5504

長野県木曽郡大桑村野尻2271-6

TEL:0264-55-2134

FAX : 0264-55-4034 

info@kokeraya.com

Facebook

© 2016 Kuriyama-mokkou,co.ltd,All Rights Reserved